シミ対策に紫外線予防を

シミの原因となるのは、肌への紫外線によるダメージです。紫外線は年々太陽光に含まれる量が増える傾向にあるので、外出時には徹底的に防御できるような対策をとってゆくことが大切になります。
紫外線と聞くと有害なものとすぐに考えてしまいがちですが、それは紫外線の持つ強い殺菌作用が関係しています。紫外線は殺菌機として利用される場面も多く見られており、身近なところではトイレなどで手を洗った後に使用するハンドドライヤーの内部で薄く紫に光る光の中に含まれていたりします。日光に布団や畳を干すときにも、この紫外線を利用した殺菌作用が人体にとって健康をもたらすものとして利用をされているのです。
ですが、この強い殺菌作用は人体に直接浴びてしまうと細胞を壊す働きにもなってしまいます。特に加齢やストレス、疲労などで肌の力が弱まった状態で紫外線を長く浴びてしまうと、かなり大きなダメージを受けてしまうことになります。ダメージを強く受けた肌の下にはメラニン色素が沈着知やすくなってしまうので、これがシミやくすみといった原因にもなるのです。
シミに似た肌の悩みとして、目の下にできるクマがあります。目の下のクマは一時的な疲労によってできる「青クマ」と、色素の沈着によって起きる「茶クマ」の二種類があります。茶クマができる原理はシミと同じく、肌に与えられたダメージの蓄積による色素の新着です。一度シミや茶クマができてしまうと、目立たない状態にまで回復させるためにはかなりの労力が必要です。